gallery-SS2                             (style-SS only)

《神戸市・M邸》

 

 

3F建ての間取りにサンダーささら・直線階段を連続して上下に配し、ワンポイントの壁付けFB手摺以外は全てホワイトで統一した施工例。玄関から3Fまで一気に見上げる感が素晴らしい。 

 

 

踏み板はピュアホワイト(木目なし)、3本スリットの滑り止めがシャープなラインで、潔い。

上下の繰り返しデザインと同一色調で、空間の広がりを感じさせる素敵な空間となった。

 

 

 

ワンポイントの壁付けFB手摺。ダウンライトの創る陰影がとってもきれいだ。

上の階へと約4m伸延していく、ただ一か所の黒のラインが、全体のイメージを引き締めてくれる。

ユーザーの的確な色指定があってこそ、最高に満足のいく施工例となった。

 

 

 

《金沢市・K邸》 

 

 

稲妻ささらのイメージに負けない赤の壁紙がアクセント。

前面ガラス張りの開放的な空間に、折り返し階段がオブジェとなって存在する。

 

 

 

白・黒のモノトーンを、赤が自己主張し、踏み板と同色の木製笠木の「茶色」が、仲良く繋ぐといった感じか。

 

 

床をタイルか板張り、壁を更に渋めの赤か、ニッチ+和のアイテムを配置することで、和モダンの住宅にもおもしろい組み合わせとなるだろう。

 

 

 

 

《堺市・M邸》  D・H鉄骨造建物+AIネクストstyle-SS (特集全5ショット)

 

 

D・ハウスさんの鉄骨造建物とのコラボ。階段・吹き抜けの構成で、街中の建物とは感じられない、

どこまでも広い、大空間が演出される。

 

 

 

 

階段廻りの奥には、吹き抜けの別空間を配置。正しく回廊のような動線で、奥行感が素敵だ。ポリカパネルの使用で、手すりが連続しても窮屈なイメージにはならない。(上2枚)

 

 

 

階段上より。上2枚の画像含め、アップでの画像処理に見えるが、実際にはカメラでは納まりきれない、大空間が広がっている。

 

↓下からの吹き抜け+階段の画像は、さすがD・ハウスさんの鉄骨造。圧巻の佇まいだ。こちらも

カメラのファインダーには、その全容は納まりきれない。

 

 

 

 

 

 

《姫路・F邸》

 

 

中間部2段廻り+2段廻りのセパレート仕様。手すり施工前のイメージ。当社オリジナルの開放的なスタイルだ。 こちらは同じ社名のアイ工務店さんの施工現場。

 

 

 

中間部の廻り部。他所でよく見受けられる支柱などの障害物もなく、踏み板だけがそこに在るかのような、イメージとなる。

 

 

2F吹き抜け部手すりとのジョイント。

 

 

 

 

《滋賀・N邸》

 

 

 

 

吹き抜け手すりは、階段手すりと天場・横格子合わせで、一体感が美しい。

 

 

 

《練馬・T邸》

 

 

style-SS・分割仕様。搬入経路が確保できない施工場所でのベストアイテム。

新築マンションの最上階で、ロフト梯子という使い勝手・見た目に難のある状況を見事にリフォーム。ユーザーの驚きと満足感を存分に感じることが出来、吾ながら本望な逸品となった。

 

 

RCマンションの簡易構造で、階段リフォームに難解な課題となる軽量鉄骨(LGS)壁。施工性の良さの反面、耐荷重に乏しい。その問題を克服するオプションパーツを組み合わせ、ロフトへの美しく、優雅なアプローチを実現した。床補強ベースプレートも、フレーム・踏み板と一体となり、全体のバランスを損なわない。

 

 

荷揚げは既存のエレベーターに納まる(分割)仕様で、問題をクリア。style-SSの個性ある存在感はそのままに、最低限の踏み板幅のみを確保。リビング内で、その主役としての位置づけを望むユーザーの期待に沿う役割をしっかりと果たしている。

マンション最上階からの、スカイツリーと東京タワー双方を俯瞰するロケーションで、そのアーバン・ライフに相応しい仕上がりとなった。

 

 

 

《福井・H邸》

 

 

ショートステップMSS仕様。手摺は壁付け手摺を兼ねた(FB手摺)で、横格子は丸棒3段。

造作部分と踏み板を揃えるために、そのすべてを当社手配にて。規格アイテムのゴム積層・ライトブラウン塗装。

 

 

フラットで、スマートな稲妻フレームがライト塗装の踏み板を支える。一切の無駄な部材がない構成で、無機質な躯体仕上と調和する構図となった。

 

 

 

 

 

《さいたま市・M邸》

 

 

中間部の3段+2段廻りを上下分割、AZ得意の壁支持納まりにて。

踏み板はユーザーこだわりのメイプル・カスタム塗装。

 

 

 

 

 

 

 

→gallery-SSへ

→トップページへ